アナボリックステロイドで筋肉や筋力を高める!!

筋肉増強剤のアナボリックステロイド

 簡単に筋肉、筋力をつけるには?

 

筋肉や筋力をつけるために、1ヶ月前からトレーニングジムに通っています。

 

・・・でも思っているほど筋力も筋肉もそこまで効果が出ていない、、、。
ベンチプレスで40kgも上がりません・・・。

 

それなのに、軽々と100kg以上のベンチプレスを上げる人が何人もいます・・・。
しかも、筋肉ムキムキでカッコイイ!!

 

彼らと僕とでは、どこが、どう違うのか?

 

始めたばかりとは思うのですが、それにしてもあまりにも差が激しすぎるような、、、

 

私も100kgのビンチプレスを軽々と上げて、筋肉ムキムキな体になりたい!!
そして、周りの人たちを見返すような体つきにしたいのですが、、、どうしたらいいの?

 

 アナボリックステロイドが効果的
筋力や筋肉に絶大な効果を発揮してくれるのが「アナボリックステロイド」になります。

 

一般的なトレーニングをすれば筋力は付きます。
しかし、1年以上のトレーニングを行っていると、ある程度体が出来上がってくるために、ナチュラルなトレーニングではどんなに頑張っても筋力や筋肉はそれ以上は増力することはできない。

 

あるデータによると、1年間でせいぜい5kgが限界だと言われています。

 

 

そこで、アナボリックステロイドを利用します。

 

アナボリックステロイドを服用しつつ、トレーニングを行うことで3〜6ヶ月ほどで5kg、1年だと10kg以上もの筋肉増量が可能とされています。

 

しかも、驚くことに、服用を始めてから早ければ1〜2週間で効果が期待。

 

現代において、究極の筋肉増強剤がアナボリックステロイドになります。

 

アナボリックステロイドって?

筋肉や筋力を増強してくれるアナボリックステロイドですが、効果としてはタンパク質の同化作用により、筋肉がムキムキになります。

 

しかし、見方を変えると”ドーピング”ととらわれがちで、どうしてもドーピングと聞くと、悪いイメージがあります。

 

ドーピングとは、オリンピックなどのスポーツ競技で、運動能力を物理的に向上させるために、禁止される違反行為とされています。

 

なんだか、ドーピングといえば”禁止薬物、違法薬物”で体に悪いというイメージが強いのですが、実際にはそのようなことはありません。

 

 

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)によってアナボリックステロイドの多くは記載されていますが、日本では指示薬であり、仕様や所持に関しては完全に認められています。

 

男性ホルモンが筋肉量を活発に

どうしてアナボリックステロイドを服用することで、筋肉増強が簡単にできるのか?
これは男性ホルモンが関係してきます。

 

筋肉質の男らしいボディを生み出す要因は男性ホルモンの一種であるテストステロンを活発にするからで、テストステロンはタンパク質の合成を活発にし、筋肉を作る作用があります。

 

ようするに、男性ホルモンを外部から摂取することで、筋力トレーニングをすることで、体中の筋肉が正常以上に活発に増加し、結果的に今よりも速く、簡単に筋肉、筋力を増強させることができます。

 

 

そのためアナボリックステロイドとは、筋肉増強剤でありながら、男性ホルモンの薬ということになります。

 

 

 

「メダナボル」アナボリックステロイドの効果

メダナボルは「WEST-COAST」という製薬会社が製造・販売しています。
メダナボルは、ジェネリック医薬品で元は「ダイアナボル」は世界で最もポピュラーなアナボリックステロイドです。
【アナボリックステロイド通販】筋肉増強剤で筋肉ムキムキ

 

 

有名になった理由の1つとしては、効果もありますが、アーノルド・シュワルツェネッガーやベン・ジョンソンが使用していた体と言われています。

 

メダナボルの主成分「メタンジエノン」の効果についてですが、作用としては化学的に製造された男性ホルモンであるテストステロンと同じ作用をします。
つまり、科学的に作られた人工的なテストステロンということになります。
メタンジエノンを体内に吸収することで、テストステロンと同じ作用をすることで、筋肉つきやすい状態になります。

 

メダナボルの詳細・購入について>>

 

 

この研究では、アスリート11人にメタンジエノン100mg/日を投与し、6週間後の筋肉の増加具合を調べました。また、比較のために、メタンジエノンを摂取しないで、6週間トレーニングするグループも用意しました。

 

(出展:https://plaza.rakuten.co.jp/sup33/diary/20151109/)

 

 

確かに研究結果を見ると効果はある模様です。

 

しかし、利用する人によって、働き方も微妙に変わるという声もあります。
そのために、初めて筋力トレーニングを行う人にはメダナボルはおすすめと言われています。

 

しかし、状態によりますが、パワー系アスリートの方はすでに筋肉が肥大しているため、メダナボルを服用しても、そこまでも効果が期待できないと言われています。

 

メダナボルの副作用について

メダナボルは製造過程の中で、17αアルキレートという加工がされています。
17αアルキレートとは、簡単に説明すると、薬などを体内に服用しても、肝臓で分解されないようにして、ダメージを与えないようにするためのです。
特殊な加工方法を行うことで、長期間や長時間にわたり服用しても肝臓を傷めずにすみます。

 

メダナボルの詳細・購入について>>

 

 

 

「オキシポロン」アナボリックステロイドの効果

オキシポロンは飲むタイプの筋肉増強剤としてはもっとも効き目が高いと言われています。
【アナボリックステロイド通販】筋肉増強剤で筋肉ムキムキ

 

主要成分はオキシメトロンは、もともと筋肉増強剤として開発された薬ではありません。
貧血患者を安定にするために生まれました。

 

オキシメトロンの働きとして、食欲を増加させ、赤血球数を増やし、タンパク質の合成を高めます。
このような働きにより、食べ物から摂取したタンパク質を筋肉に作り変えることが科学的な研究によより証明されています。

 

オキシポロンの詳細・購入について>>

 

 

老人の筋肉を12週間で4.2kg増やした研究
オキシポロンを健康な老人(65-80歳)に12週間投与した研究で、グループは3つに分けられ、50mg/日のグループ、100mg/日のグループ、投与しないグループで効果を比較した結果が次のようになったそうです。
(出展:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12388137

 

 

研究結果によると、50mgで約3.3kgの増加し、100mg群では4.2kgも増加したそうです。
そして、オキシポロンを服用していないグループでは少しも変わっていないとのことです。

 

オキシポロンによる研究で特に注目したのが、運動や筋力トレーニングを行っていないのに、高齢者の方でも筋肉アップに成功していることです。

 

オキシポロンは初心者や中級者の方にオススメのアナボリックステロイドかと思います。

 

オキシポロの副作用

 

オキシポロンの副作用についてですが、メダナボルと同じようにオキシポロンは17αアルキレート加工されています。

 

そのために、肝臓に対する負担を軽減した製造方法となっています。

 

ただし、容量や期間によっては肝臓に対して負担がかかる恐れもあります。
そのため、肝臓保護をを考えて、栄養分になるサプリを服用するという考えがあってもいいかと思います。

 

オキシポロンの詳細・購入について>>

 

 

 

アナバー筋肉増強剤の効果

筋肉増強剤であるアナボリックステロイドには、様々な種類があり、男として筋肉や筋力を高めることは魅力的なため、アナボリックステロイドはどんどん進化しています。
【アナボリックステロイド通販】筋肉増強剤で筋肉ムキムキ

 

そんな中、非常に効果が高いと言われているのがアナバー。
アナバーは、筋肉増強薬ではありません。

 

アナバーという名前を見ると、あたかも「アナボリックステロイドなどの筋肉増強薬を連想するかもしれません。
しかし、あくまでも健康食品に分類される筋肉増強の補助的な役割です。

 

21種の筋肉増強作用をもつ成分を含有した筋肉増強サプリメントです。

 

特に注目したいのが「L-アルギニン、6ケトンディオスゲニン、L-システイン塩酸塩」です。

 

アナバーの詳細・購入について>>

 

 

L-アルギニン

L-アルギニンの作用としては、パンプを起こすだけではなく、成長ホルモンが分泌されるという研究データが出ています。
そのため筋肉の成長を促したり、体内のタンパク質合成や成長ホルモン、骨の増強などの効果が期待できます。

6ケトンディオスゲニン

初めて聞くような成分ですが、こちらはロシア製のタンパク質同化作用製剤。
L-アルギニン等の成分の働きによりタンパク質に変換し筋肉増強効果が高めてくれます。

 

L-システイン塩酸塩(BEC)

L-システイン塩酸塩とは、ケラチンというたんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。
たん白質の構成アミノ酸として広く存在している

 

L-システイン塩酸塩(BEC)は、体の代謝をスムーズにする効果がありエネルギーの発生を促進する事で体のだるさや疲れを改善する効果が期待できます。
私達の皮膚や髪の毛、爪等にも存在しており、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種で「準必須アミノ酸」とも呼ばれています。

 

 

アナバーは男性だけでなく、女性も使用することができます。
アナボリックステロイドではなくサプリなので副作用の危険性もありません。
最も初心者向けとされています。

 

このように記事を書くと、とても夢のような筋肉をえることが出来るように思えますが、やはりステロイドとよりも効き目がないために、その分のトレーニングが必要となります。

 

思えるでしょうが、筋肉増強効果は、他のアナポロンやダイアナボル、テストステロンに比べると、マイルドです。
アナバーの詳細・購入について>>

 

 

 

アナボリックステロイドを通販で購入

アナボリックスステロイドの購入についてですが、日本国内では販売は規制されていますが、所持や仕様は認められています。

 

ただし、国内のスポーツジムやドラックストアでは販売しておらず、購入する場合は、通販を利用することになります。

 

日本国内では、アナボリックステロイド全種の販売は規制されていますが、個人輸入代行サイトを通じて、海外の医薬品販売業者から直接的に通販で購入することになります。

 

 

アナボリックステロイドの価格については、生産国や実際に取り扱っている個人輸入代行サイトや通販によって価格は異なります。

 

なおかつ、通販店によっては、送料無料で税金が掛からないところもあるため、効率よく通販店を選びたいところです。

 

 

 

 

***************
更新
正直な所どうしようかと思ったんですが、、、っというのも、やはり筋肉を増強できるとはいえ、薬を服用することに多少の抵抗がある。

 

賛否両論の意見がありますが、まずは「試す」っという考えのもとで、約半年ほどを目安にオキシポロンwo
注文をしてみることにしました。

 

・オキシポロン
・50mg
・1本60錠
・4,245円(2016年11月現在)

 

すると、個人輸入のお店に注文をしたら約1週間で郵送で届きました(本人のサインが必要)。
自宅に届く前に、実際にオキシポロンやアナボリックステロイドのサイトをある程度調べていたために、すぐに始めることができました。

 

 

使い方についてですが、私は朝晩1錠ずつ服用してます。
(※2週間後に1日に半錠に変更)

 

利用している人の話の中で気になったのが、「筋肉」よりも「性欲」の部分です。
「性欲が高くなる」とか「精液の量が増える」っというレビューです。

 

たしかに、オキシポロンの成分には男性ホルモンを増やす作用があるために、精力的な部分に効果があるのもわかります。
ただ、私が求めているのは筋肉や筋力を的確につけることなので、あくまでもおまけという感じ。

 

 

とりあえず、毎日の運動後45〜60分以内に服用していこうと思います。

 

 

***************
更新
服用を始めてから1ヶ月を少し過ぎています。

 

最初は1日に2錠を服用していたんですが、改めて調べてみると、私の筋トレメニューでは少し多すぎるような気がして、1日半錠に変えました。

 

っで、実感として効果を感じるようになったのは2〜3週間目だと思います。
ベンチのMAX70〜80kgが3回まで増えました。

 

 

心配していた副作用も 全くありません。
少量づつの投与ですが、充分な結果が出ています。

 

それから、ウェイトトレーニング時の最大筋力が上がったり、力が出やすくなり、筋トレ中のモチベーションが上がった気がしています。

 

あと、噂どおり、服用を始めてから性欲が高まっているのもわかります。

 

とりあえずまだまだという感じですが、副作用が特になく、筋肉と筋力がついてきているのが大きいです。
これから2〜3ヶ月ほど続けて様子を見て、そのあとはOFFサイクルにして、肝臓ケアしてみる予定です。

 

また時間があれば更新したいと思います。
では。

 

オキシポロンの詳細・購入について>>

 

 

 

 

ページトップへ