副作用で肝臓に負担

アナボリックステロイドは安全なステロイド

筋肉増強剤としてアナボリックステロイドというものがあります。

 

これを飲んで筋トレをすることで筋肉がつくというものですが、筋肉増強剤を長期間服用すると副作用が出てくると言われています。

 

主に肝機能障害が疑われるのですが、一体どのようなことになっているのでしょうか?

 

まずアナボリックステロイドを長い間飲み続けていると、肝臓に負担がかかります。

 

しかし筋肉増強剤だけに言えることではなく、医薬品を口径摂取することによって肝臓へは多少のダメージが加わります。

 

特にアナボリックステロイドのような筋肉増強剤は、胆汁分泌を減少させるという傾向があるようです。

 

つまり体が疲れやすくなる、疲労感が抜けない、酷い場合、黄疸を発症するなど多くの副作用があると見られています。

 

そんな副作用がある筋肉増強剤の一種としてアナボリックステロイドがあります。

 

ではアナボリックステロイドとは一体どんなものなのでしょうか?
メチルテストステロンと呼ばれる、強力なタンパク同化作用がある男性ホルモン剤として有名なものです。

 

経口ステロイドとしては最強クラスと言われるものとなっています。

 

成分としてオメキメロトンがありますが、最強の筋肉増強剤としてよく利用されているものです。

 

他の筋肉増強剤でもオメキメロトンが主となるものもありますから、アナボリックステロイドのみが悪いというわけではありません。

 

たんぱく質合成を早め、筋肉の発達を良くし、造血機能をサポートする役割を持っています。

 

そんなアナボリックステロイドは飲み続けることによって肝臓を悪くしてしまうのですね。

 

 

最も恐るべき副作用として肝機能の負担と言われているのがアナボリックステロイドです。

 

オキシメトロンは17αアルキレート加工と呼ばれる肝臓では分解されるのが難しい加工をされています。

 

これが肝臓に負担をかけているのです。

 

肝臓への負担を避けるために他のサプリメントを摂取するのも良いでしょう。

 

またアナボリックステロイドを常用していたボディビルダーでも、3か月服用をやめることで肝臓は完全に回復するとも言われています。

 

ですから完全に副作用で肝臓が悪くなって病院へ搬送される、というケースは殆どないみたいですね。

 

 

アナボリックステロイドは安全なステロイドと言われていますが、あまり長期間での使用は避けたほうがよさそうです。

 

肝機能の障害も気になりますし、もし筋トレの際に利用したいというのであれば、理想的な筋肉がついたのであれば、アナボリックステロイドは是非服用を控えたほうが良いかもしれません。