成分メタンジエノンの筋肉増加

ダイアナボルなどの薬を併用してトレーニング

ダイアナボルの成分であるメタンジエノンはどのような筋肉増加作用があるのでしょうか?
実はこちらもアナボリックステロイドの一種で、最もポピュラーな存在となっています。

 

プロ選手、アマチュア問わず人気がある本格的な肉体改造をしたいという人に使われているものです。

 

では一体どのような筋肉増加作用があるのでしょうか?

 

まずダイアナボルは経口剤ステロイドの中で最高クラスです。

 

ナチュラルでトレーニングした時と比べ、その筋力は強化されると言われているようです。

 

摂取したタンパク質を筋肉に変換する働きを持っており、使用前と比較すると明らかに筋肉質になるようですね。

 

プロテインだけで筋トレをするより、体が締まって筋肉に張りが出てくるのが実感できると言います。

 

アナボリックステロイドの中でも効果が優れており、副作用もコントロールしやすいのが特徴なのがダイアナボルというものです。

 

副作用をコントロールしやすいので、よく使われている薬の一種でもあります。

 

短期のサイクルで筋肉がつくため、集中的な筋トレに向いているでしょう。

 

 

また使用期間内では性欲旺盛にもなると言われています。

 

攻撃的になり、食欲旺盛にもなる事が多いようです。

 

高い筋肉増強効果、脂肪燃焼効果を見ることができると言われていますから、ダイエットや筋トレ目的に欧米ではよく使われています。

 

しかし肝臓への負担が大きいと言われていることもあり、肝臓をサポートするサプリメントと共に併用したほうが良いとの意見もあるようです。

 

ダイアナボルなどのステロイドは筋トレと合わせて飲むのが通常で、短期間で劇的筋肉増強変化を得ることができるとされています。

 

ただ、有酸素トレーニングはNGと言われています。

 

有酸素運動と組み合わせると心臓に負担がかかりすぎるからです。

 

それを避けるためにも短期間の筋トレで済ませ、一気に筋肉肥大を目指したほうが良いでしょう。

 

 

アナボリックとアンドロジェニック、この両方の効果が強いとダイアナボルには伝えられています。

 

アナボリック作用ではたんぱく質を筋肉に変え、アンドロジェニックでは男性化を促進させます。

 

ナチュラルトレーニングでなかなか思うように筋肉がつかないという場合、ダイアナボルなどの薬を併用してトレーニングを行うと効率よく筋肉をつけることができるでしょう。

 

いずれも適度に使うことで筋肉増強作用は増しますので、短期間の筋トレで使うことが良しとされているようです。