副作用が少ない筋肉増強剤

女性には向いているスタノゾロール

アナボリックステロイドの中でもスタノゾロールは副作用が少ないと言われています。

 

そんな心配を気に掛ける必要がない筋肉増強剤で、筋肉をつけることが容易にできるのなら、これこそまさに良いことではありませんか。

 

筋トレしている人の中でも特に副作用なく筋肉をつけたいという人にはスタノゾロールが向いているのかもしれません。

 

しかし副作用が少ないのであれば効果もあまりないのでは、そう思う人もいるかもしれません。

 

スタノゾロールで筋肉を増やす効果とは一体どういったものなのでしょう?

 

スタノゾロールは実は筋肉増強の効果は弱い部類に入ります。

 

特に男性に殆ど効果を期待することは難しいでしょう。

 

ただ、女性に対してチェックしてみると、高い筋肉増強剤であり、減量下で筋肉をキープする効果が高いと言えるようです。

 

筋肉増強剤はたんぱく質合成をサポートすることで骨、筋肉を作り出すという効果を持つものです。

 

ですから骨粗しょう症など骨のもろくなった人が服用することで骨を強化、筋肉を強化し、骨折などを防ぐ意味合いでも欧米の厚労省から認められていたのです。

 

しかしスタノゾロールに関していえば、骨粗しょう症への効果は認められないと言われ、現在では販売権限が停止された状態でもあります。

 

これはたんぱく質合成のサポート能力が低いことを意味しています。

 

つまり筋肉増強剤としてもあまり意味をなさないということになります。

 

筋トレ中のスタノゾロールの使用はあまり効果が出ないという結果になるのでしょう。

 

 

ただ、肝臓の毒性に関していえば、注射剤でスタノゾロールを使った場合は心配がないと言われています。

 

経口の場合は長く体内にとどまるため肝臓への注意が必要となりますが、注射の場合は比較的早く効果が切れるため、それほど肝臓への負担はないと考えられています。

 

またスタノゾロールはジヒドロテストステロンと似た構造を持つので女性化することもなく、乳房が膨れるという副作用もないという事が多いです。

 

ですから、安全であることは間違いありませんが、筋肉の増量目的で使うのであれば、そこまで効果があるとは見ることができないと思われます。

 

女性には効果的なステロイドで、筋肉をつけたい女性の場合、スタノゾロールはおすすめだとされています。

 

減量しつつ、筋肉をつけたい、減量目的での効果を期待するのであればスタノゾロールは優秀なステロイドの一種となるでしょう。

 

 

このことからスタノゾロールの服用で筋肉を増やす効果は少ないと言えるでしょう。

 

しかしながら副作用も少なく、女性には向いていると言うことで、減量目的、かつ筋肉量もキープしたいという女性にとってはベストなステロイド剤ですね。