テストステロンの分泌を増やす

アンドリオール女性などにはうってつけの医薬品

アンドリオールはステロイド剤の一つになります。

 

筋肉増強や男性不妊症などの治療に使用されている医薬品です。

 

これまでこのタイプのステロイドにはいくつか注意点や欠点などがみられていましたが、アンドリオールはそのような欠点を克服したアナボリックステロイドです。

 

DHTやアロマタイズと呼ばれる心配もなく、副作用も少ないと言われていますから、筋トレに活用したり、男性不妊にかつようすることが可能となります。

 

 

アンドリオールはテストステロン補充薬で、またテストステロンとは男性ホルモンの一種で睾丸にて生成されます。

 

男性らしい体つきを作り、筋肉増強、男性性器を発育、機能を維持したり性欲を高める効果を持つとされています。

 

またアンドリオールは女性も男性の20分の1ほど卵巣から作られていることから、性機能改善、筋肉量キープや認知機能の働きには必要不可欠な存在となっています。

 

テストステロンは20代を境に年齢と共に減少していくようですが、この現象が精力低下を招く原因となります。

 

アンドリオールを服用することによりテストステロンの減少による精力減退を防ぎ、回復を見込むことができると言われているのですね。

 

このような性的な治療のほかにも、筋肉を増強させる効果も見られるということもあり、そのために利用されていることもあるようです。

 

 

気になる副作用としては、ある程度あると認知されているようです。

 

嘔吐や食欲不振、多幸症状や黄疸があるという事です。

 

肌が脂っぽくなるというケースもあるようですが、アンドリオールを服用した人の半数以上にニキビの発生が認められたという報告もあります。

 

ただ、アンドリオールは女性にも適応でき、末期女性性器がんの痛みの緩和、手術不可能の乳がんの進行を遅らせるという働きを期待することができるようです。

 

男性ホルモンを投与することで女性ホルモンの活性が悪化するので、活性化を抑制し、女性ホルモンのバランスを保つことができると言われているのです。

 

 

これまでホルモン治療は経口摂取だと肝臓で分解されるので肝機能障害を起こす可能性があると見られてきました。

 

しかしアンドリオールはその点をクリアした画期的な医薬品だと言えるでしょう。

 

ただ、すでに肝機能障害を持っている人には服用できないという点もあります。

 

高齢者の人も注意が必要です。

 

ただ、アンドリオールの利点はアナボリックステロイドの中でも比較的穏やかであるということから、筋肉を穏やかにつけたい、体重減量を行いたい女性などにはうってつけの医薬品でしょう。