最初は注射よりも錠剤

注射と錠剤

筋肉や力を高めてくれるアナボリックステロイド。
アナボリックステロイドには、錠剤と注射の2種類があります。その中でも使い分けをすることが重要です。

 

基本的に、注射の場合は、効果が高く、なおかつ効果を長持ちしてくれます。ただし、その分の副作用が発症しやすいために注意非必要です。

 

もともと、アナボリックステロイドは、男性が筋肉や力を増幅させるために開発されたわけではありません。全てではありませんが、何種類かは、獣医用の家畜用の薬剤として利用されていました。

 

そのために、注射の場合は、効果は期待できますが、副作用も起こりやすいために注意が必要です。それとは別に、錠剤は副作用の発症率は低く、効果である筋肉や筋力を高める事ができるために、最初は錠剤だけを服用することが望ましくなります。

 

アナボリックステロイドは、筋肉増強作用を体感する人が多い。これは、成分に男性ホルモンであるテストステロンが含まれているから。そして、この筋肉同化作用が高まるだけでなく、トレーニングにおけるモチベーションや集中力を高める成分も含まれているからです。

 

ページトップへ