用量などの使い分け

アナボリックステロイドの使い方

一昔前に、オリンピックで世界的な記録を出したベン・ジョンソンですが、爆発的な走りは、アナボリックステロイドにより、爆発的なスピードを生み出したことがわかりました。

 

ただし、アナボリックステロイドにも、使い方を間違えると、副作用が起こるために、使用方法を心がけることが重要になります。

 

アナボリックステロイドには、サイクルと呼ばれる独自の使用方法が有ります。あくまでも、アナボリックステロイドにも、様々な種類がありますが、基本的な方法として、サイクルであるステロイドを使用して、筋肉を増量させる機関を把握すること。

 

ある一定の濃度以上のアナボリックステロイドが血液中に存在し続けることで、体内が受け入れる重要帯が不足してしまいと、効果を得ることができなくなり、筋肉や力が付きづらくなる。しかも、それだけでなく、副作用が発症しやすくなります。

 

そのために、服用量や機関などを意識しなくてはいけない。

 

一般的に、アナボリックステロイドの使用は6〜8週間を1つのサイクルとしています。ただし、服用するアナボリックステロイドの種類、容量により、微妙に異なります。

 

それから、カッティング(脂肪を削ぎ落とすサイクル)である脂肪の少ない絞った筋肉を増量するという作用があるため、このサイクルにおいて使用されるケースも多く、それぞれのアナボリックステロイドを使い分けることが重要になります。

 

ページトップへ