体全体の持久力を鍛える

それは意味があるのか?スロージョギングの意味

重いものを持つトレーニングが筋肉を鍛えるだけではありません。他にも行いたいのがスロージョギングです。もしかしたら、健康やダイエットをイメージするひとが多いのかもしれませんが、筋肉を鍛えるためにも一つ重要な指標につながりますので、ぜひためしてみるのが良いかもしれません。

 

スロージョギングは福岡大学の運動生理学で研究され、今にいたります。言葉の通りで、ウォーキングのスピードよりも遅く歩くということになります。

 

ただゆっくり走ればいいというわけではありません、それならウォーキングのほうが手っ取り早いということが有りますが、あえてぎょギングをするというところに意味があるわけです。

 

まず走る動作と歩く動作には大きな違いが有り、歩く動作はかつて卵が転がる動作と言われていました。どういう意味なのかというと、両足を設置して瞬間があるということで、重心のの上下の動きを利用しながら効率よく進んでいくのが普通です。

 

走る動作に両足が地面から離れる瞬間に、スローで行っておくことになります。筋肉や関節をよく使い、瞬間的に筋肉が履き位する力を利用するということになります。

 

ウォーキングよりもぎょギングのほうが効果があり、菌育や骨を鍛えることが出来るというデータが出ています。

 

ところが効果が大きいことがマイナスになってしまう場合もあり、例えば、筋肉や関節に強い負荷がかかり、膝を痛めるなどの障害に結びつくリスクが出てきてしまうからです。だったらウォーキングはどうなのかというと、それでも炒めるおそれがあるために、結局はメリットデメリットはあるために、考えてから行うことが重要になります。

 

もし全身の体を鍛えるという考えがあるのなら、スロージョギングではなく、少しスピードを上げるように工夫をすることがまず第一になります。

 

ページトップへ